お問い合わせ

担当者 : Sales Manager

電話番号 : +86-15338891875

Free call

理性的な交通ハイウェーの監視の3ネットワーク統合の解決

October 26, 2020

最新の会社の事例について 理性的な交通ハイウェーの監視の3ネットワーク統合の解決

理性的な交通ハイウェーの監視の3ネットワーク統合の解決

 

背景

理性的な交通ハイウェーの監視のトリプルプレイの解決は主要な技術およびマルチメディアの情報圧縮、減圧の技術によって実現されるデジタル画像のモニタリング システムとして現代コンピュータ ネットワークの技術、新しい世代の広帯域統合サービスのアクセスのネットワーク システム、新しい世代の光学輸送システムを使用してデジタル画像の監視である。システムはハイウェーの通信システム、モニタリング システムおよび貸出方式の3つの主要なエレクトロメカニカル・システムを統合する広範囲の解決である。

挑戦

トリプル プレイ ネットワークはハイウェー情報開発の傾向である。それは同じネットワークのハイウェーの通信システム、送信の声、データおよびイメージ サービスに基づき、他の交通マクロ管理情報を含むことができる。

解決

データ伝送網の監視

繊維のモールは統一されたIPネットワークにある限り伝達のさまざまなモードを支えるためにモニタリング システム装置を、さまざまで物理的な伝達方法支えられる制御する。多数のイメージおよび必要性が原因で動的に通信システム、の伝達帯域幅を調節する効果的に帯域幅を利用するのに埋め込まれたRPR機能のSDHネットワーク伝達を使用することを推薦する。

中心の構造の監視

sub-centerの監視ネットワークはセントラル・オフィスのアクセスの単位、システム サーバー、デジタル ビデオ検出サーバー、貯蔵サーバー、システム顧客、ネットワーク スイッチおよびモニターを制御する繊維のモールから成っている。

トンネルのONUの組み立てのネットワークの監視

通信システムONUが置かれるトンネル管理場所のために、トンネルのモニタリング データはアクセスの層の通信システムを通して監察のsub-centerに送信される。特定の構造は次のとおりである:トンネルのカメラ セットによって集められる映像信号および後進の制御信号を監視して3つのチャネル毎にのビデオそして制御信号と1つの装置に接続するケーブルによって中心で置かれる遠隔アクセス装置繊維のモールに接続しなさい。各繊維のモール装置およびトンネル管理部屋に取付けられているローカル アクセス装置繊維のモールは光ファイバーによって繊維の自己回復リング ネットワークを形作るために接続される。トンネルのビデオの数に従って、タンジェントの構造の自己回復リング ネットワークの大多数は同時に形作ることができる。

トンネル管理場所の監察ネットワークは構内アクセス装置、システム ターミナル、デジタル ビデオ分析サーバー、貯蔵サーバー、ディスク・アレイ、モニター、等で構成される。

結論

繊維のモール制御ネットワーク管理 ソフトウェア設計は開いたプラットホーム、ユーザー フレンドリー インターフェイス、豊富な機能、容易な操作、ビデオ管理、警報管理、デバイスの管理、システム管理および付加価値機能を含む適用範囲が広いインターフェイスに、基づいている。すべての機能は熱心な顧客ソフトウェアによってまたはIEのブラウザを通して実行することができるC/SおよびB/Sの実施を提供する。

私達と連絡を取ってください

あなたのメッセージを入れて下さい